ジッテプラス 使い方

ジッテプラスの使い方をわかりやすく解説するよ

ジッテプラス,使い方

 

ジッテプラスを正しく使って背中ニキビを綺麗に治していきましょう。

 

単に塗るだけなんで難しいことはないんですが、いくつかポイントを紹介したいと思います。

 

一回の使用量はさくらんぼ大一つ分

 

背中全体を塗る場合はだいたいさくらんぼ1個の大きさがちょうどいいです。
伸びが良いので全体をカバーできます。

 

ジッテプラスは手で取るよりスパチュラを使って

 

スパチュラとはこんなやつです。

 

ジッテプラス,使い方

手で直接とってしまうと雑菌がはいってしまう恐れがあります。
ジッテプラスには防腐剤のパラベンが入っていません。

 

雑菌が繁殖してものを塗ってニキビが悪化したなんてことになったら目も当てられません。。。
1ヶ月で使い切る前提で冷蔵庫の冷暗所に保存するなら手で取っても大丈夫でしょうが、念には念をいれましょう。

 

もちろんスパチュラじゃなくても、ヨーグルト用の使い捨てスプーンでもOKです。

 

ジッテプラスを手で馴染ませてから塗る

 

手で温めてから塗った方が肌に浸透しやすくて効果UPを期待できますよ。

 

朝と夜の2回使う

 

面倒くさがりの人にはつらいでしょうが、一日2回使うようにしましょう。
そうすることで、24時間しっかりと肌を保湿することができます。

 

朝はなにかと忙しくサボりがちになりますが、頑張って続けましょう。

 

歯磨きするときや、メイクするときなど、自分でタイミングを決めておくと忘れないようになります。

 

ジッテプラスは乾きが早いので服もすぐ着れるので、そんなに時間はいりません。
1分もあれば十分です。

 

夜はお風呂上りに使おう

 

お風呂入る前に使う人はいないと思いますが、入浴後すぐに使うと効果が高いです。
肌が水分を含んで柔らかくなっているので、肌の奥まで浸透しやすくなっているんですね。

 

あまりオススメするべきじゃないかもしれませんが、夏場のお風呂上りに、冷蔵庫で冷やしたジッテプラスを塗ると、めちゃくちゃ気持ちいいですよ!

 

火照った体がひんやりとクールダウンできます。ジッテプラスは香りも良いので最高のリラックスタイムになります。

 

手の届かない場所は道具を使って

 

ジッテプラス,使い方

 

体が硬い人だと手の届かない場所もあると思います。

 

そんなときは道具を使って塗るようにしましょう。

 

ひと手間ですが、塗り忘れがあるよりはマシです。
今は何でもありますね(笑)

 

 

 

 

 

 

⇒ジッテプラスの口コミ【3ヶ月使って背中にニキビはどうなった?】